思いっきり泣く

我慢しすぎないことも大切

人間関係や仕事など、ストレスの原因は人それぞれ違いがありますが、ストレスが強すぎると心にも体にも悪い影響が出てしまいます。ストレスがたまる原因のひとつには、感情を抑え込んでいることがあげられます。我慢し過ぎることは良くないとはわかっていても、大人になると感情を素直に表現できなくなることや感情を抑える必要が出てくることは少なくありません。時には泣きたくなるようなこともありますが、泣くという行為をネガティブに取る人も少なくありません。人前で泣くことは難しいものもありますが、誰も見ていないひとりきりの時なら思い切り涙を流すこともできます。泣ける内容の映画を観るなどもひとつの方法ですが、より簡単にできる方法を選びたいという人もいるのではないでしょうか。

入浴タイムを利用しよう

職場などでは泣くことも難しくなりますが、自宅に帰れば遠慮もなくなります。とはいえ、同居家族がいる場合は心配をかけるということもあり、泣くのを我慢してしまう人もいます。自宅で思い切り泣くなら入浴タイムを活用しましょう。お風呂は、ひとりになれるのに適した最高の場所ですし、入浴そのものにもリラックス効果があります。もしも泣き声が出てしまっても、シャワーやお湯の音がそれをかき消してくれます。目の腫れが気になる場合は、湯舟につかっている間に冷水で冷やすと良いでしょう。泣くことは感情を解放し、緊張を和らげることや気持ちをリセットする効果も期待できます。泣くことは大きな声で歌うことや、運動で汗を流すのと同じぐらいストレス解消に良いといわれています。つらいときは我慢し過ぎず、感情を解放してあげましょう。