アロマオイルを使用する

入浴時にリラックスを得る

自宅でできるストレス解消方法では、入浴を楽しむということもあげられます。疲れているときは、お風呂に入るのも億劫になり、シャワーだけで済ませることもありますが、湯舟にお湯をためて体を温めることも考えてみましょう。湯舟で全身を浸すと、血行も促進されますし汗も多く出るのでそれも気分を改善することにつながります。とはいえ、あまりにお湯の温度が高い場合や長時間の入浴はかえって疲れてしまいますので、適度な時間にすること、お湯の温度はややぬるめのほうがおすすめです。熱いお湯は新陳代謝の促進や目覚めに良いとされていますが、この場合は短時間で切り上げるようにします。好みの入浴剤を利用することや、入浴中に好きな音楽を楽しむなども良いリラックスになります。

アロマも取り入れてみよう

アロマも良い香りが楽しめますし、精油によって違う美容効果や健康効果も期待できます。よりストレスを軽減するならお風呂にアロマを取り入れることも考えてみてはいかがでしょうか。美容や健康に良いとされるアロマオイルも直接皮膚や粘膜につけることは危険も伴います。お湯にそのまま精油を入れるのは、避けたほうが無難です。その理由には、水と精油は混ざりにくく、浮いた精油が直接肌についてしまう可能性があるからです。原液では刺激が強く、肌トラブルになる場合もあります。まずは、安全な方法を知っておきましょう。湯舟に入れる場合は、キャリアオイルと混ぜるもしくは天然塩と混ぜて手作りのバスソルトにすることがおすすめです。3歳未満のお子さんがいる場合や、妊娠中の人や病気療養中の人もアロマバスの利用には注意が必要です。より気軽に楽しむなら、火を使わないLEDのアロマキャンドルなども活用してみましょう。