ちょっとだけ体を動かしてみる

隙間時間に体を動かしてみよう

時間がなくても気軽にできるストレス解消法がちょっとした運動やストレッチです。例えば、仕事で一日中座っていると血行不良、筋力の低下などを招きます。同姿勢を続ける状態は体にストレスを与えるため、隙間時間を活用してなるべく体を動かしましょう。近くのコンビニまで歩いて行く、小休止のときに肩こりや腰痛解消のストレッチをする、などは気軽にできるストレス解消法です。

体を動かせば血行が促進されますし、脳もリフレッシュして集中力や判断力がアップします。脳が疲れてきた、仕事のミスが増えた、などと感じるときはストレスが溜まっているのかもしれません。肩こりや腰痛などのトラブルがない人に関しても、こまめに体を動かすことでこれらの症状の予防対策ができます。

体の痛みを予防する対策をしよう

体に痛みを感じている状態が続くと、ストレスも溜め込むことになります。首のこり、肩こりなどの不快感が続くと、生活の質を下げることになりかねません。運動やストレッチなどは痛みを予防・解消してストレスを遠ざけます。慢性的な肩こりを感じている人であれば、肩をグルグルと回転させるなど、肩まわりにアプローチするストレッチ実践してみましょう。痛みを放置しておくと症状はさらに悪化し、ますますストレスを増幅させることになります。

体を動かす機会が少ない人は、なるべく歩くことを意識してください。例えば、職場内を移動するときはエレベーターやエスカレーターはなるべく使わず、階段で移動するなど工夫します。体に適度な負荷を与えれば、自律神経を整えることにもつながります。